So-net無料ブログ作成

土釜おこげでお米を炊く [メモ餓鬼]

image.jpg

先日、うどんの会で残ったおにぎりを持ち帰りました。

ガスで炊いたお米が美味しかったようで、相棒が土釜を購入しました。

炊飯器しか炊いた事がないワタシが土釜でお米を炊くなんて出来るのかしらと一抹の不安がよぎりました。
相棒が食べたいんだから、まあ頑張るよ。

届いた日は土釜のメンテナンス。
たっぷりお粥を炊いて土釜に糊の膜をつけます。

それから無印良品の説明書通りに作業。

1.お米を洗って20分以上、うるかす(つけておくの北海道弁)。
2.お米2合に400ccの水加減、中火で一気に14分ぐらい炊く。
3.火を止めて20分以上蒸らす。

これだけでお米が炊けました。

赤子泣いてもフタ取るなと言われた通り、火を止めても土釜はぐつぐつとしています。

土釜はかなり重たくて、火を止めた後は「おひつ」としても使えます。
さらにうどんを茹でたり出来ます。

炊き込みごはんとか、いろいろな料理に使えそうですね。

匂いがついたら茶葉を入れて沸騰、お焦げも水を沸騰させて取る。

縦長のぬか漬けみたいな形なので猫は丸くなれません(笑)

失敗したり時間がかかるなら並行稼働させようと思いましたが、3日後あっさり炊飯器を片付けました。

土釜でご飯を炊くと、冷えても美味しいですね。

火にかけるからコンロ一つ使えなくなるけれど、そんな不便さも許せるような気持ちになれます。
20131125_r.jpg
土鍋から土釜に訂正。
画像大きすぎたのでサイズ変更。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。